Infragistics(R) NetAdvantage(R) Win Client: WPF
セルのフォーマットのコピー
このトピックについてのご意見・ご感想をE メールにてお寄せください (日本語と英語に対応しています)。 また、弊社サービス・製品についてご質問・ご要望などがございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Glossary Item Box

セルには背景色、書式文字列、フォント スタイルなどさまざまな書式を持つことができます。セルを以前書式設定したセルと同じ書式にする必要がある場合、WorksheetCell オブジェクトの CellFormat プロパティによって公開される各オプションを個々に設定する代わりに、CellFormat オブジェクトの SetFormatting メソッドを呼び出してコピーするために CellFormat に渡すことができます。これによって最初のセルから 2 番目のセルにすべての書式設定をコピーします。行、結合セル領域、または列にもこれを実行することができます。

注: CellFormat オブジェクトによって公開される色関係のプロパティを設定するために、System.Drawing アセンブリをプロジェクトに追加する必要があります。

以下のコードは、2 番目の列の書式を 4 番目の列にコピーする方法を示します。

Visual Basic の場合:

Imports Infragistics.Excel
...
' 2 番目の列を書式設定します。
worksheet1.Columns(1).CellFormat.FillPattern = FillePatternStyle.Solid
worksheet1.Columns(1).CellFormat.FillPatternForegroundColor = System.Drawing.Color.Green
worksheet1.Columns(1).CellFormat.Font.Bold = ExcelDefaultableBoolean.True

' 2 番目の列の書式を 4 番目の列にコピーします。
worksheet1.Columns(3).CellFormat.SetFormatting(worksheet1.Columns(1).CellFormat)

C# の場合:

using Infragistics.Excel;
...
// 2 番目の列を書式設定します。
worksheet1.Columns[1].CellFormat.FillPattern = FillPatternStyle.Solid;
worksheet1.Columns[1].CellFormat.FillPatternForegroundColor = System.Drawing.Color.Green;
worksheet1.Columns[1].CellFormat.Font.Bold = ExcelDefaultableBoolean.True;

// 2 番目の列の書式を 4 番目の列にコピーします。
worksheet1.Columns[3].CellFormat.SetFormatting(worksheet1.Columns[1].CellFormat);
関連トピック

Infragistics Excel Engine の理解

ワークブックを作成

Excel ファイルのロード

ワークブックの保存

セルのフォーマットのコピー

参照セルと領域

セルの結合

数式をセルに追加

コメントをセルに追加

ワークシートの編集を無効にする

行と列をフリーズ

Excel ドキュメント プロパティの設定