Infragistics(R) NetAdvantage(R) Web Client: ASP.NET
ViewState をセッション状態で維持


Glossary Item Box

1 ページに必要な ViewState が大きく、大きな帯域幅を使用できないか保証されない場合、ViewState データを SessionState に配置するのも 1 つの選択肢です。

ViewState が保存されていることを調べるには、ブラウザでプロジェクトを実行したとき、ソースを表示し、冒頭近くで以下のような行を探します。

<input type="hidden" name="__VIEWSTATE" value="" />

ViewState をセッションに保存しているので、これは空になります。

 

Visual Basic の場合:

Protected Overrides Function LoadPageStateFromPersistenceMedium() As Object
	Return Me.Session("GridState")
End Function
Protected Overrides Sub SavePageStateToPersistenceMedium(ByVal viewState As Object)
	Me.Session.Add("GridState", viewState)
End Sub

C# の場合:

protected override object LoadPageStateFromPersistenceMedium()
{
	object state = this.Session["GridState"];
	return state;
}
protected override void SavePageStateToPersistenceMedium(object viewState)
{
	this.Session.Add("GridState", viewState);
}

関連トピック

UltraWebGrid 名前空間


このトピックについてのご意見・ご感想をEメール にてお寄せください。

Copyright © 1996-2009 Infragistics, Inc. All rights reserved.

ビルドバージョン: 9.1