Infragistics(R) Ignite UI
データ ソース コンポーネントの概要
このトピックについてのご意見・ご感想をEメールにてお寄せください (日本語と英語に対応しています)。 また、弊社サービス・製品についてご質問・ご要望などがございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Glossary Item Box

トピックの概要

目的

このトピックでは、Ignite UI のデータ ソース コンポーネントの概要を示します。

前提条件

以下の表は、このトピックを理解するための前提条件として必要な概念とトピックの一覧です。

タイプ

コンテンツ

概念

  • データのソース コンポーネント

トピック

トピック

目的

Ignite UI の概要

このトピックでは、Ignite UI 製品の概要を提供します。


 



はじめに

データ ソース コンポーネント概要

Ignite UI スイートに含まれるデータ ソース コンポーネントは、実データとビジュアル コンポーネントの間で媒介として動作することを目的にしたクライアント サイド コンポーネントです。多数の入力データがサポートされます。ignite UI データ ソース コンポーネントは、以下のカテゴリに分類されます。

  • 標準テーブル (グリッド) 形式の標準のフラットおよび階層データ (多次元データ以外) を視覚化するデータ バインド コントロールをフィードするためのフラット データ コンポーネント (igDataSource)、
  • OLAP データ スライスとしてデータを視覚化するために使用される多次元 OLAP データ ソース コンポーネント (igOlapFlatDataSourceigOlapXmlaDataSource) 。OLAP 形式 (igOlapXmlaDataSource コンポーネントにフィードされる) または標準フラットデータ (igOlapFlatDataSource コンポーネントにフィードされる) どちらかの元のデータ セット。後者の場合、データはピボット グリッドで OLAP データとして視覚化できます。

各データ ソース コンポーネントの概要

各データ ソース コンポーネント概要表

以下の表は、Ignite UI データソース コンポーネントの使用目的と機能について概要を提供します。コンポーネントに関するトピックへのリンクを含む、各コンポーネントの詳細は表の下に提供されます。

コンポーネント

説明

さまざまな種類のデータやソースへバインドするための標準 Ignite UI コンポーネント。igDataSource は、ソース データ形式を igGrid などのデータ バインド コントロールにフィードできる形式へ変換します。

多次元 (OLAP) データ ビジュアライゼーション コントロールを Microsoft SQL Server Analysis Services (SSAS) サーバーの OLAP データでフィードするのコンポーネント。

OLAP 形式で表示するためにフラット データを含む多次元 (OLAP) データ ビジュアライゼーション コントロールをフィードするためのコンポーネント。これは、フラット データ コレクションで OLAP のような検証が可能です。


igDataSource

igDataSource は、さまざまな種類のデータやソースへバインドするための標準 Ignite UI コンポーネントです。ローカル (JSON、XML、JavaScript Array など) またはまたはリモート (REST サービスや WCF サービスなど) が可能な実データや igGrid などのデータバ インド コントロールの間の中間レイヤーとして動作します。ページング、フィルタリング、並べ替えもサポートされます。

関連トピック

igOlapXmlaDataSource

igOlapXmlaDataSource は、多次元 (OLAP) データ ビジュアライゼーション コントロールを Microsoft SSAS サーバーの OLAP データでフィードするのコンポーネントです。igOlapXmlaDataSource は、JavaScript クライアントと SSAS データの msmdpump.dll HTTP プロバイダー間のコミュニケーションを処理します。OLAP データ ビジュアライゼーション コントロールでその操作は透明です。

関連トピック

igOlapFlatDataSource

igOlapFlatDataSource は、OLAP 形式で表示するためにフラット データを含む多次元 (OLAP) データ ビジュアライゼーション コントロールをフィードするためのコンポーネントです。これは、フラット データ コレクションで OLAP のような検証が可能です。すべての必要なデータ集計と要約を作成することによって。OLAP データ ビジュアライゼーション コントロールでその操作は透明です。

関連トピック


関連コンテンツ

トピック

このトピックにの追加情報については、以下のトピックも合わせてご参照ください。

トピック

目的

このグループ トピックでは、igDataSource コントロールとその使用について説明します。

igOlapXmlaDataSource

このグループ トピックでは、igOlapXmlaDataSource コントロールとその使用について説明します。

このグループ トピックでは、igOlapXmlaDataSource コントロールとその使用について説明します。

このグループ トピックでは、gGrid コントロールとその使用について説明します。

このグループ トピックでは、gPivotGrid コントロールとその使用について説明します。

このグループ トピックでは、gPivotGrid コントロールとその使用について説明します。


サンプル

このトピックについては、以下のサンプルも参照してください。

サンプル

目的

このサンプルでは、jQuery データ ソース コンポーネントを XML, 配列のアレイ、および JSON データにバインドする方法を紹介します。

このサンプルでは、igPivotGrid を igOlapFlatDataSource にバインドし、データ選択のために igPivotDataSelector を使用します。

このサンプルでは、igPivotGrid を igOlapXmlaDataSource にバインドし、選択のために igPivotDataSelector を使用します。



©2013. All Rights Reserved.