Infragistics(R) Ignite UI
シリーズ タイプ
このトピックについてのご意見・ご感想をEメールにてお寄せください (日本語と英語に対応しています)。 また、弊社サービス・製品についてご質問・ご要望などがございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Glossary Item Box

トピックの概要

目的

このトピックでは、igDataChart コントロールの助けを得て作成できるあらゆる種類のチャートを示します。

前提条件

このトピックを理解するためには、以下のトピックを理解しておく必要があります。

トピック

目的

このトピックでは、igDataChart コントロールについての概念情報を提供します。これには、その主な機能、チャートとユーザー機能を使用するための最低要件が含まれます。


このトピックの構成


チャート シリーズの種類

サポートされるチャートタイプの概要

igDataChart コントロールは、さまざまな可視化の目的に対して導入されるいろいろな系列タイプを可能にします。

サポートされる系列タイプと基本の構成情報に関する詳細な情報については次のブロックをご覧ください。

注意: 円グラフは別の igPieChart コントロールで作成されます。詳細は igPieChart 概要 をご覧ください。

サポートされるチャートタイプの表

チャート タイプ

シリーズ タイプ

説明

Series.type プロパティ設定

データ バインディング プロパティ

棒と柱状

分類されたデータを水平の棒で可視化します。

bar

柱状

分類されたデータを垂直の柱で可視化します。

column

積層型棒

分類されたデータを水平に積層型のセグメントを含む水平棒で可視化します。

stackedBar

積層型 100 棒

分類されたデータをパーセント値に正規化される水平に積層型のセグメントを含む水平棒で可視化します。

stacked100Bar

積層型柱状

分類されたデータを垂直に積層型の柱で可視化します。

stackedColumn

積層型 100 柱状

分類されたデータをパーセント値に正規化される垂直に積層型の柱で可視化します。

stacked100Column

バブル

バブル

複数のパラメータで記述されたデータを異なる直径の色づけされた円で可視化します。

bubble

カテゴリ

分類されたデータをデータ ポイントに鋭い角をもつ線で可視化します。

line

エリア チャート

分類されたデータをデータ ポイントに鋭い角をもつ線の下の色づけされた領域で可視化します。

area

スプライン

分類されたデータをデータ ポイント上のなめらかな角をもつ線で可視化します。

spline

スプライン エリア チャート

分類されたデータをデータ ポイントになめらかな角をもつ線の下の色づけされた領域で可視化します。

splineArea

ウォーターフォール

分類されたデータを垂直の柱で可視化し、先頭のカテゴリーに対応する先頭の柱は x 軸から始まり、続くカテゴリーはそれぞれ前のカテゴリーが終わったとこから始まります。

waterfall

ポイント

分類されたデータを別々にプロットされるポイント マーカーで可視化します。

point

積層型エリア

分類されたデータをデータ ポイントに鋭い角をもつ線の下の積層型の色づけされた領域で可視化します。

stackedArea

積層型折れ線

分類されたデータをデータ ポイントに鋭い角をもつ積層型の線で可視化します。

stackedLine

積層型スプライン

分類されたデータをデータ ポイント上のスムーズな角をもつ線で可視化します。

stackedSpline

積層型スプライン エリア

分類されたデータをデータ ポイントにスムーズな角をもつ線の下の積層型の色づけされた領域で可視化します。

stacked100Bar

積層型 100 エリア

分類されたデータを値がパーセンテージに正規化されるデータ ポイントに鋭い角をもつ線の下の積層型の色づけされた領域で可視化します。

stacked100Area

積層型 100 折れ線

分類されたデータを値がパーセンテージに正規化されるデータ ポイントに鋭い角をもつ積層型の線で可視化します。

stacked100Line

積層型 100 スプライン

分類されたデータを値がパーセンテージに正規化されるデータ ポイントにスムーズな角をもつ積層型の線で可視化します。

stacked100Spline

積層型 100 スプライン エリア

分類されたデータを値がパーセンテージに正規化されるデータ ポイントにスムーズな角をもつ線の下の積層型の色づけされた領域で可視化します。

stacked100SplineArea

財務

ロウソク足チャート

ロウソク足の形で財務 (投資) 指標の始値、終値、安値、高値を表示します。

ローソク足グラフ

OHLC チャート

Open、High、Low、Close の略開始と終わりの値のマーキングをもつ垂直線の形で財務 (投資) 指標の始値、終値、安値、高値を表示します。

ohlc

極座標

極座標散布図

極座標系でドット (またはその他のマーカー) によるデータの可視化を行います。

polarScatter

極座標折れ線チャート

極座標系でデータ ポイントを直線で結んだ線によりデータを可視化します。

polarLine

極座標エリア チャート

極座標系でデータ ポイントを直線で結んだ線の下の色づけされた領域でデータを可視化します。

polarArea

極座標スプライン

極座標系でデータ ポイントの間にベジエ曲線トランジションを表示するスプラインによりデータを可視化します。

polarSpline

  • angleMemberPath
  • radiusMemberPath

極座標スプライン エリア

極座標系でデータ ポイントの間にベジエ曲線トランジションを表示するスプラインの下に色付きの領域によりデータを可視化します。

polarSplineArea

  • angleMemberPath
  • radiusMemberPath

レーダー

ラジアル折れ線チャート

カテゴリー化されたデータをデータポイントを直線で結んだ線により可視化し、すべてのカテゴリーを円内に配置します。

radialLine

ラジアル柱状チャート

カテゴリー化されたデータを共通の中心から異なる角度で伸ばした柱で可視化します。

radialColumn

ラジアル円チャート

カテゴリー化されたデータを共通の中心から異なる角度で伸ばしたパイのスライス型要素で可視化します。

radialPie

ラジアル エリア

分類されたデータをデータポイントを直線で結んだ線の下に色付きの領域により可視化し、すべてのカテゴリーを円内に配置します。

radialArea

valueMemberPath

範囲カテゴリー

範囲エリアチャート

2 つの値の間の範囲内にある分類されたデータをデータ ポイントを 2 本の直線で結び、間の領域を色づけして可視化します。

rangeArea

範囲柱状チャート

2 つの値の間の範囲内にある分類されたデータを柱で可視化します。

rangeColumn

散布図

散布図

データをデカルト座標系上のドットで可視化します。

scatter

散布図 - 折れ線

デカルト座標系でデータ ポイントを直線で結んだ線によりデータを可視化します。

scatterLine

散布図 - スプライン

デカルト座標系でデータ ポイントの間にベジエ曲線トランジションを表示するスプラインによりデータを可視化します。

scatterSpline

  • xMemberPath
  • yMemberPath

棒と柱のシリーズ

棒チャートと柱チャートは、可視化される値に大きさが対応する塗りつぶしされた四角形でデータを可視化します。

技術的には棒チャートと柱チャートは同じですが、棒チャートは棒が水平に伸び、柱チャートは棒が垂直に伸びます。

棒チャートは、離散型のカテゴリー軸値に対して分離されたデータ関数を表示するのに使用されます。たとえば、以下の図は異なる地理的領域 (離散型のカテゴリー軸値) での 3 つのメーカー (個別の関数、つまりメーカー 1 社の販売が関数の領域) の自動車販売数を棒チャートで示したものです。

バブル シリーズ

バブル チャートは、4 つの独立した数値パラメータをもつデータ要素を塗りつぶされた (通常は) 円で表現します。

それぞれの円の座標は各要素の通常の x-y 座標パラメータです。バブルの半径は 3 番目のパラメータを表します。バブルの一部を別の色で塗りつぶすことにより、データを系列の 4 番目のパラメータを表すことができます。4 番目のパラメータは必須ではなく、これを使用しない場合はすべてのバブルが同じ色で塗られます。5 つ目のパラメータを追加して、それぞれのデータ ポイントに対するラベルとして使用できます。

カテゴリー シリーズ

カテゴリー系列チャートは、データの相異なるカテゴリーの軸値をプロットすることができる igDataChart コントロールに対する系列タイプの一群です。タイプとしては、領域、柱、線、スプライン、スプライン領域、ステップ領域、ステップ ライン、ウォーターフォールなどがあります。詳細については、カテゴリー系列チャートに関するトピックを参照してください。

次に挙げたものはウォーターフォール チャートの例です。

財務シリーズ

財務チャート (ロウソク足とも呼ばれます) は、さらに多くの変数を表現することができる棒チャートの変形版です。

これは主に、一定期間での特定の商品や為替、株価の始値、終値、安値、高値を表します。各「ローソク」は、特定の時間範囲 (たとえば、日) を表し、ローソクの最下部が安値、最高部が高値で、棒の下部と上部が終値と始値をそれぞれ表します。

通常、このチャートはデータ系列に何らかの数学的演算を施してデータの近似や推定を計算することで得られるトレンドラインと組み合わされます。たとえば、平均、二次方程式、対数関数などです。

極座標シリーズ

極散布図は極座標でプロットされるもので、1 番目の座標は角度 (度、ラジアン) で、2 番目は中心からの距離 (半径) を使って表現されます。このチャートは連結されていない離散型ポイントを表示し、ポイントがチャート上の特定部分に集まった状態の「密度」を調べるのに有効です (たとえば、測定サンプル)。

目的に応じて、極線や領域をプロットすることもできます。

レーダー シリーズ

レーダー図は極散布図と似ていますが、こちらはカテゴリー タイプの系列です。つまり、角度座標がない代わりにデータは円全体に均一に拡がるカテゴリーに分割されます。中心からの距離が可視化された値を表現します。

これは通常、小さなデータ集合を可視化し、ひとつのオブジェクトに対する複数の側面を量的に比較するのに用いられます。たとえば、敏捷さ、速さ、効果など、スポーツにおける選手の統計情報用に使われます。

範囲カテゴリー シリーズ

範囲カテゴリーチャートは、特定のカテゴリーに合致する 2 つの値の間での拡がりを示すのに使われます。このチャートをプロットするために使われる変数は、カテゴリー座標で、そのカテゴリーに対する同じ測定単位の 2 つ値です。

このチャートは株式市場のトレーダーによって考案されたもので、主にその業界で使われます。具体的な機能としては、このチャートは時間ではなく動きを基本としたものです。つまり、カテゴリー (x) 軸の 2 つの異なる値は 2 つの異なる動きを表し、取引間の変化が追跡されます。

igDataChart を使用して、範囲領域チャートと範囲棒チャートを実現できます。上のサンプル チャートは範囲領域チャートです。

散布シリーズ

散布図は直交座標系に個々のポイントを示すもので、XY チャートとも呼ばれます。離散型のポイントをプロットすることも、ポイント間を線でつなぐこともできます。

散布図は、2 つの変数が関係する科学的な測定やその他のデータ収集に使われ、測定の特定の分野での標本の密度をわかりやすく示すことができ、データの分布についてトレンドを示すこともできます。


複合チャート

複合チャートの概要

複合チャートは、異なる軸範囲を使用するかまたはグラフの 2 つの異なるタイプによって可視化されるかのいずれかによって 2 つのデータ系列をプロットします。これはたとえば、1 つの関数が 1 と 100 の間をとり、他方が 5 から 500 までをとる、あるいは対数目盛、または1 つの関数が棒で他方が線で示されるというような形です。

複合チャートをつくるための特定の設定はなく、異なる系列タイプと複数の軸を組み合わせます。


関連コンテンツ

トピック

このトピックにの追加情報については、以下のトピックも合わせてご参照ください。

トピック

目的

このトピックは、igPieChart コントロールをウェブ ページに追加し、それをデータにバインドする方法を説明します。

このトピックは、igPieChart の jQuery および ASP.NET MVC ヘルパー クラスのための API マニュアルへのリンクを提供します。


サンプル

このトピックについては、以下のサンプルも参照してください。

サンプル

目的

棒および柱状シリーズ

このサンプルは棒系列チャートと柱状系列チャートの作成を例示します。

カテゴリ シリーズ

このサンプルはカテゴリー系列チャートの作成を例示します。

複合チャート

このサンプルは複合チャートの作成を例示します。

財務シリーズ

このサンプルは財務 (「ローソク足」) チャートの作成を例示します。

複数シリーズ

このサンプルは複数のデータ系列を含むチャートの作成を例示します。

極座標シリーズ

このサンプルは極座標チャートの作成を例示します。

ラジアル シリーズ

このサンプルはレーダー チャートの作成を例示します。

範囲カテゴリー シリーズ

このサンプルはカテゴリー チャートの作成を例示します。

散布シリーズ

このサンプルは散布部 (XY 系列) チャートの作成を例示します。

積層型シリーズ

このサンプルは積層型のシリーズ チャート (XY チャート) の作成を例示します。



©2013. All Rights Reserved.