派生元: IGRowPath : NSObject
定義: IGCellPath.h

概要

IGCellPath は、IGGridView の特定のセルを識別するための IGGridView の座標系です。

description プロパティを使用すると、パスの文字列形式を取得できます。

タスク

プロパティ

columnIndex

行で列のインデックス。

@property (nonatomic, readonly) int columnIndex

定義:

IGCellPath.h

isFixed

パスが固定セルを表すかどうか。

@property (nonatomic, readonly) IGGridViewFixedColumnDirection isFixed

定義:

IGCellPath.h

クラス メソッド

pathForRow:inSection:inColumn:

指定した座標を使用して IGCellPath を作成します。

+ (IGCellPath *)pathForRow:(int)row inSection:(int)section inColumn:(int)column

パラメーター

row

セクション内の行インデックス。

section

IGGridView 内のセクションのインデックス。

column

行で列のインデックス。

戻り値

初期化した IGCellPath オブジェクトを返します。オブジェクトが正しく初期化されなかった場合は nil。

定義:

IGCellPath.h

pathForRow:inSection:inColumn:isFixed:

指定した座標を使用して IGCellPath を作成します。

+ (IGCellPath *)pathForRow:(int)row inSection:(int)section inColumn:(int)column isFixed:(IGGridViewFixedColumnDirection)fixed

パラメーター

row

セクションで行のインデックス。

section

IGGridView でセクションのインデックス。

column

行で列のインデックス。

fixed

列が固定されているかどうか。

戻り値

初期化した IGCellPath オブジェクトを返します。オブジェクトが正しく初期化されなかった場合は nil。

定義:

IGCellPath.h

インスタンス メソッド

initForRow:inSection:inColumn:

指定した座標を使用して IGCellPath を作成します。

- (id)initForRow:(int)row inSection:(int)section inColumn:(int)column

パラメーター

row

セクションで行のインデックス。

section

IGGridView でセクションのインデックス。

column

行で列のインデックス。

戻り値

初期化した IGCellPath オブジェクトを返します。オブジェクトが正しく初期化されなかった場合は nil。

定義:

IGCellPath.h

initForRow:inSection:inColumn:isFixed:

指定した座標を使用して IGCellPath を作成します。

- (id)initForRow:(int)row inSection:(int)section inColumn:(int)column isFixed:(IGGridViewFixedColumnDirection)fixed

パラメーター

row

セクションで行のインデックス。

section

IGGridView でセクションのインデックス。

column

行で列のインデックス。

fixed

列が固定されているかどうか。

戻り値

初期化した IGCellPath オブジェクトを返します。オブジェクトが正しく初期化されなかった場合は nil。

定義:

IGCellPath.h