派生元: UIScrollView
適合: NSCoding
定義: IGGridView.h

概要

グリッド ビューは単一または複数列のビューで、行とセルを垂直方向または水平方向にスクロールすることができます。グリッドの各項目で構成されるセルは、IGGridViewCellBase オブジェクトです。これらのオブジェクトは、各セル レベルまたは行レベルで挿入、削除、または並べ替えが可能な特定の行と列を表します。

グリッド ビューは、独自の行を持つゼロ以上のセクションから構成されます。セクションはグリッド ビュー内のインデックス番号で識別されます。行はセクション内のインデックス番号によって識別されます。また、列は行内のインデックスによって識別されます。セクションはオプションでセクション ヘッダーを使用できます。セクション フッターを使用することも可能です。

グリッド ビューは、2 つのスタイル IGGridViewStyleDefault および IGGridViewStyleSingleCellPaging を持つことができます。IGGridView インスタンスを使用する場合、グリッドの style を指定する必要があります。この style は変更できません。style が設定されていない場合、デフォルトの style を使用します。デフォルトの style では、セルと行のサイズがその列幅と行の高さになり、セクションはヘッダーとフッターを表示できます。単一セル ページングの style は、グリッド ビューポイントのサイズに一致する単一セルを表示します。この style のタイプは、アプリケーションで一度に 1 項目のみ表示する場合に便利です。

IGGridView の多くのメソッドは、IGRowPath または IGCellPath オブジェクトを取得します。IGRowPath を作成するために pathForRow:inSection: 静的メソッドを使用できます。また、IGCellPath を作成するために cellPathForRow:inSection:inColumn: 静的メソッドを使用できます。

IGGridView オブジェクトは、データ ソースと delegate として動作するオブジェクトが必要です。通常これらのオブジェクトはアプリケーション delegate です。データ ソースは、IGGridViewDataSource プロトコルに適応、delegateIGGridViewDelegate プロトコルに適応させる必要があります。データ ソースは、テーブルを構成するためにグリッド ビューが必要な情報を提供し、テーブルの行やセルの挿入、削除、並べ替えでデータ モデルを管理します。delegate は、グリッドに使用されるセルを提供し、選択などの他のタスクを実行します。セルの作成とデータ管理を簡素化する IGGridViewDataSourceHelper オブジェクトを利用して開発工数を削減できます。データ ソース ヘルパーは、IGGridViewSingleRowSingleFieldDataSourceHelperIGGridViewSingleFieldMultiColumnDataSourceHelper などの実装方法があり、列として各行を処理するなど、リニア データを異なる方法で表示できます。

IGGridView は、表示列でのみセルをキャシュします。ただし、行、ヘッダー、およびフッターの高さはグリッド全体でキャッシュします。IGGridViewCellBase から派生することによってカスタム セルを作成できます。

IGGridView は、IGGridView のインスタンスを作成する場合または新しいデータベースを割り当てる場合のみ、reloadData を呼び出します。グリッド ビューの再読み込みは、現在の選択を含む現在の状態をクリアします。グリッド ビューで表示されている現在のデータを更新しながら状態を保持したい場合、updateData を呼び出すことができます。

ショートカット バーを表示するには、データソースでメソッド (sectionIndexTitlesForGridView: gridView: sectionForSectionIndexTitle:atIndex:) を実装する必要があります。ショートカット バーの外観は、プロパティ(shortcutBarColumnBackgroundView, shortcutBarColumnWidth および shortcutBarColor)を使用してカスタマイズできます。

Facebook などのアプリケーションに似た更新メカニズムのためにプルダウンを実装するには、delegate が updateRequestedInGridView: メソッドを実装する必要があります。更新の完了後、グリッド ビューで finishedUpdating を呼び出します。プルダウンの高さを制御するには、グリッド ビューの pullDownRowHeight プロパティを設定します。プル ダウン ビューで表示されるコンテンツをカスタマイズするには、データソースで pullDownCellForGridView: メソッドを実装します。

タスク

IGGridView オブジェクトの初期化

  • – initWithFrame:style:

    指定したフレームおよび style を持つグリッド ビュー オブジェクトを初期化して返します。

グリッド ビューの構成

  • – dequeueReusableCellWithIdentifier:

    識別子によって検索される再度使用可能なグリッド ビュー セル オブジェクトを返します。

  • – registerClass:forCellReuseIdentifier:

    新しいグリッド セルの作成に使用するクラスを登録します。

  •   style

    リシーバーのスタイルを返します。(読み取り専用)

    プロパティ
  •   headerHeight

    グリッド ビューのヘッダーの高さを設定します。

    プロパティ
  •   headerBackgroundColor

    ヘッダー セルの背景色の UIColor を設定します。

    プロパティ
  •   headerTextColor

    ヘッダー セルのテキストの UIColor を設定します。

    プロパティ
  •   headerFont

    ヘッダー セルのテキストの UIFont を設定します。

    プロパティ
  •   allowHorizontalBounce

    グリッド ビューが境界線以外を水平にスクロールすることを許可するかどうかを設定します。

    プロパティ
  •   backgroundView

    グリッド ビューの背景ビュー。

    プロパティ
  •   cellContentInset

    グリッド ビューのすべての IGGridViewCell オブジェクトのコンテンツの UIEdgeInset を設定します。

    プロパティ
  •   emptyRows

    空行がグリッド ビューの最後に追加されるかどうかを設定します。

    プロパティ
  •   infiniteScrolling

    列および行を繰り返すため、グリッドが連続スクロールされるかどうかを設定します。

    プロパティ
  •   theme

    IGGridView の特定の要素のスタイル設定を制御する IGGridViewThemeDefinition を設定します。

    プロパティ
  •   strings

    IGGridView の特定要素のデフォルトのテキスト値を制御する IGGridViewStringsDefinition を設定します。

    プロパティ

セクションの構成

  •   sectionHeaderHeight

    グリッド ビューのすべてのセクションのヘッダーの高さを設定します。

    プロパティ
  •   sectionFooterHeight

    グリッド ビューのすべてのセクションのフッターの高さを設定します。

    プロパティ
  •   sectionColumnWidth

    カスタム セクション コンテンツの幅を設定します。

    プロパティ
  •   sectionColumnBackgroundView

    セクションのカスタム コンテンツを表示するための固定列の背景ビューを設定します。

    プロパティ
  •   sectionColumnContentColor

    セクション列のコンテンツ領域の色を設定します。

    プロパティ

行の構成

  •   rowHeight

    グリッド ビューのすべての行の高さを設定します。

    プロパティ
  •   rowSpacing

    各行に追加するスペースを設定します。

    プロパティ
  •   rowSeparatorHeight

    各行のセパレーターの高さを設定します。

    プロパティ
  •   rowSeparatorColor

    行セパレーターの UIColor を設定します。

    プロパティ
  •   rowBackgroundColor

    行の背景の UIColor を設定します。

    プロパティ

列の構成

  •   columnWidth

    グリッド ビューの各列の IGColumnWidth を設定します。

    プロパティ
  •   columnSpacing

    各セルの右側に追加するスペースを設定します。

    プロパティ
  •   columnResizing

    UI で列のサイズ変更方法を決定する IGGridViewColumnResizeAction を設定します。

    プロパティ
  •   columnResizingAdornerColor

    columnResizing プロパティが IGGridViewColumnResizeActionAdorner に設定される場合に、列のサイズ変更のためのガイドの色を設定します。

    プロパティ
  •   isResizngAdornerVisible

    列のサイズ変更のガイドが列で表示されているかどうかを返します。

    プロパティ

選択の管理

セルと行にアクセス

グリッド ビューのスクロール

行、セル、列の挿入、削除、移動

  •   rowReordering

    グリッド ビューに行の順序変更インジケーターが表示されるかどうかを決定するブール値。

    プロパティ
  •   rowReorderingColumnWidth

    行の順序変更インジケーターを表示するための列の幅を決定するフローティング値。

    プロパティ
  • – setRowReordering:animated:

    グリッド ビューに行の順序変更インジケーターが表示されるかどうかを決定するブール値。

  • – moveRowAtPath:toPath:

    新しいパスによって識別される位置にあるレシーバーの指定した行を移動します。

  • – insertRowsAtPaths:withAnimation:

    IGRowPath オブジェクトの配列によって識別される位置にあるレシーバーに行を挿入します。挿入のアニメーションを再生するオプションがあります。

  •   swipeRowAction

    行をスワイプするときに発生する操作を取得または設定します。

    プロパティ
  •   slideRowRightWidth

    行をスワイプして表示するビューの幅を取得または設定し、swipRowAction プロパティを IGGridViewSwipeRowActionSlideRowRight、IGGridViewSwipeRowActionSlideRowBoth、IGGridViewSwipeRowActionManualSlideRight または IGGridViewSwipeRowActionManualSlideBoth に設定します。

    プロパティ
  •   slideRowLeftWidth

    行をスワイプして表示するビューの幅を取得または設定し、swipRowAction プロパティを IGGridViewSwipeRowActionSlideRowLeft、 IGGridViewSwipeRowActionSlideRowBoth、 IGGridViewSwipeRowActionManualSlideLeft または IGGridViewSwipeRowActionManualSlideBoth に設定します。

    プロパティ
  •   deleteButtonFont

    swipeToDelete ボタンに使用されるフォント。

    プロパティ
  • – deleteRowsAtPaths:withAnimation:

    IGRowPath オブジェクトの配列によって識別される位置にあるレシーバーに行を削除します。削除のアニメーションを再生するオプションがあります。

  • – moveCellAtPath:toPath:

    新しいパスによって識別される位置にあるレシーバーの指定したセルを移動します。

  • – insertCellsAtPaths:withAnimation:

    IGCellPath オブジェクトの配列によって識別される位置にあるレシーバーにセルを挿入します。挿入のアニメーションを再生するオプションがあります。

  • – deleteCellsAtPaths:withAnimation:

    IGCellPath オブジェクトの配列によって識別される位置にあるレシーバーにセルを削除します。削除のアニメーションを再生するオプションがあります。

  • – moveColumnAtIndex:toIndex:

    新しいインデックスによって識別される位置にあるレシーバーの指定した列を移動します。

  • – insertColumnsAtIndexes:

    NSNumber の配列によって識別される位置にあるリシーバーに列を挿入します。

  • – deleteColumnsAtIndexes:

    NSNumber オブジェクトの配列によって識別される位置にあるリシーバーに列を削除します。

  •   transitionDuration

    行およびセルを移動、挿入、または削除する操作がかかる時間 (秒) を表す値。

    プロパティ

グリッド ビューの再度読み込み

  • – reloadData

    リシーバーの行およびセクションを再度読み込みます。

  • – updateData

    リシーバーの行およびセクションを再度読み込みます。

デリゲートおよびデータ ソースの管理

  •   dataSource

    グリッド ビューのデータ ソースとして操作するオブジェクト。

    プロパティ
  •   delegate

    グリッド ビューのデリゲートとして操作するオブジェクト。

    プロパティ

ショートカット バー

プルダウン行

  •   pullDownRowHeight

    プルダウン行の高さを設定します。

    プロパティ
  • – finishedUpdating

    グリッド ビューにアップデート状態を終了し、データを更新し、普通のビューに戻ることを通知します。

フィルタリング

  •   filterAction

    グリッド ビューにフィルターを適用する場合を通知します。

    プロパティ
  •   filterRowHeight

    グリッド ビューの検索ボックスの高さを設定します。

    プロパティ

固定列

編集

  • – registerKeyboardForCell:

    キーボードをリッスンしてキーボードの上の指定したセルを保持する必要があることをグリッドに通知します。

  • – unregisterKeyboard:

    キーボード変更のイベントをリッスンする必要がないことをグリッドに通知します。

プロパティ

allowHorizontalBounce

グリッド ビューが境界線以外を水平にスクロールすることを許可するかどうかを設定します。

@property (nonatomic, assign) BOOL allowHorizontalBounce

注記

グリッド ビューの合計列幅がグリッド ビューのビューポートの幅より大きい場合、ユーザーが列を境界線以外にスクロールできます。デフォルトの値は NO です。列の境界線以外にスクロールされようとする場合、ビューポートの境界線を出ることができません。

定義:

IGGridView.h

allowsMultipleSelection

ユーザーが複数の行またはセルを選択できるかどうかを決定するブール値。

@property (nonatomic, assign) BOOL allowsMultipleSelection

注記

このプロパティが YES に設定される場合、行またはセルは、その行またはセルが再度押されるまで選択されます。

定義:

IGGridView.h

backgroundView

グリッド ビューのバックグラウンド ビュー。

@property (nonatomic, retain) UIView *backgroundView

注記

グリッド ビューの背景ビューがグリッド ビューのサイズに一致するために自動的にサイズ変更されます。ビューがすべてのセル、ヘッダー ビュー、およびフッター ビューの後ろにグリッド ビューのサブビューとして配置されます。

定義:

IGGridView.h

cellContentInset

グリッド ビューのすべての IGGridViewCell オブジェクトのコンテンツの UIEdgeInset を設定します。

@property (nonatomic, assign) UIEdgeInsets cellContentInset

注記

このプロパティは、セルのコンテンツのインセットを設定するために使用されます。このプロパティは、グリッド ビューの style が IGGridViewStyleSingleCellPaging に設定される場合設定されません。デフォルト値は (5, 5, 10, 10) です。

定義:

IGGridView.h

columnResizing

UI で列をサイズ変更できる方法を決定する、IGGridViewColumnResizeAction を設定します。

@property (nonatomic, assign) IGGridViewColumnResizeAction columnResizing

注記

IGGridViewColumnResizeActionNone – 列のサイズ変更の UI 操作がありません。IGGridViewColumnResizeActionPinch – 列にピンチ ジェスチャをすると、サイズを変更します。IGGridViewColumnResizeActionAdorner – 列ヘッダーにタップし、列のサイズを変更するためのガイドが表示されます。ヘッダーが表示される必要があります。

定義:

IGGridView.h

columnResizingAdornerColor

columnResizing プロパティが IGGridViewColumnResizeActionAdorner に設定される場合に、列のサイズ変更のためのガイドの色を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIColor *columnResizingAdornerColor

定義:

IGGridView.h

columnSpacing

各セルの右側に追加するスペースを設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat columnSpacing

注記

列の間に追加スペースを適用するために、このプロパティを使用します。

定義:

IGGridView.h

columnWidth

グリッド ビューの各列の IGColumnWidth を設定します。

@property (nonatomic, retain) IGColumnWidth *columnWidth

注記

特定の列の幅を設定するには、デリゲートの gridView:widthForColumnAtIndex: メソッドを使用します。

定義:

IGGridView.h

dataSource

グリッド ビューのデータ ソースとして操作するオブジェクト。

@property (nonatomic, assign) id<> dataSource

注記

デリゲートIGGridViewDataSource プロトコルを使用する必要があります。

定義:

IGGridView.h

delegate

グリッド ビューのデリゲートとして操作するオブジェクト。

@property (nonatomic, assign) id<> delegate

注記

データ ソースで IGGridViewDelegate プロトコルを使用する必要があります。

定義:

IGGridView.h

deleteButtonFont

swipeToDelete ボタンに使用されるフォント。

@property (nonatomic, retain) UIFont *deleteButtonFont

注記

デフォルト値は nil です。

定義:

IGGridView.h

emptyRows

空の行がグリッド ビューの終了に追加するかどうかを設定します。

@property (nonatomic, assign) BOOL emptyRows

注記

YES に設定される場合、グリッド ビューは空行を最後に追加します。デリゲートの gridView:heightForRowAtPath: メソッドが実装される場合、このプロパティの値に関係なく、グリッド ビューは空行を表示しません。デフォルト値は YES です。

定義:

IGGridView.h

filterAction

グリッド ビューにフィルターを適用すべきタイミングを通知します。

@property (nonatomic, assign) IGGridViewFilterAction filterAction

注記

IGGridViewFilterActionImmediate - 各キー押下の後。
IGGridViewFilterActionDoneEditing - ユーザーが入力を終了した時。

デフォルト値は IGGridViewFilterActionImmediate です。

定義:

IGGridView.h

filterRowHeight

グリッド ビューの検索ボックスの高さを設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat filterRowHeight

注記

データ ソースの supportsFilteringInGridView: メソッドが true を返す場合のみ、フィルター行は表示されます。

定義:

IGGridView.h

fixedLeftColumnSeparatorColor

左側の固定列のセパレーターの UIColor を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIColor *fixedLeftColumnSeparatorColor

注記

デフォルト値はグレーです。

定義:

IGGridView.h

fixedLeftColumnSeparatorWidth

左側の固定列のセパレーターの幅を設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat fixedLeftColumnSeparatorWidth

注記

このセパレーターを非表示するには、幅を 0 に設定します。デフォルト値は 4 です。

定義:

IGGridView.h

fixedRightColumnSeparatorColor

右側の固定列のセパレーターの UIColor を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIColor *fixedRightColumnSeparatorColor

注記

デフォルト値はグレーです。

定義:

IGGridView.h

fixedRightColumnSeparatorWidth

右側の固定列のセパレーターの幅を設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat fixedRightColumnSeparatorWidth

注記

このセパレーターを非表示するには、幅を 0 に設定します。デフォルト値は 4 です。

定義:

IGGridView.h

headerBackgroundColor

ヘッダー セルの背景の UIColor を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIColor *headerBackgroundColor

注記

デフォルト値は黒です。デリゲートの gridView:headerCellAt: メソッドが実装されない場合のみ、この値が使用されます。

定義:

IGGridView.h

headerFont

ヘッダー セルのテキストの UIFont を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIFont *headerFont

注記

デフォルト値は nil です。デリゲートの gridView:headerCellAt: メソッドが実装されない場合のみ、この値が使用されます。

定義:

IGGridView.h

headerHeight

グリッド ビューのヘッダーの高さを設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat headerHeight

注記

グリッド ビューの style が IGGridViewStyleDefault に設定される場合のみ、このヘッダーは表示されます。グリッド ビューからヘッダーを削除するには、ヘッダーの高さを 0 に設定します。デフォルト値は 50 です。

定義:

IGGridView.h

headerTextColor

ヘッダー セルのテキストの UIColor を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIColor *headerTextColor

注記

デフォルト値は白です。デリゲートの gridView:headerCellAt: メソッドが実装されない場合のみ、この値が使用されます。

定義:

IGGridView.h

infiniteScrolling

列と行が繰り返され、終わりに達することなくグリッドを連続的にスクロールできるかどうかを設定します。

@property (nonatomic, assign) IGGridViewInfiniteScrolling infiniteScrolling

定義:

IGGridView.h

isResizngAdornerVisible

列のサイズ変更のガイドが列で表示されているかどうかを返します。

@property (nonatomic, readonly) BOOL isResizngAdornerVisible

定義:

IGGridView.h

pullDownRowHeight

プル ダウン行の高さを設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat pullDownRowHeight

注記

プルダウン行は、グリッド ビューの上に表示される行です。グリッド ビューを境界線より下へプルするときに表示されます。設定した高さは、プルダウン状態から解放状態に変更するまでにプルダウンのプル量を決定し、アップデート状態でのスペースを決定します。

定義:

IGGridView.h

rowBackgroundColor

行の背景の UIColor を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIColor *rowBackgroundColor

注記

デフォルト値は透明です。

定義:

IGGridView.h

rowHeight

グリッド ビューのすべての行の高さを設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat rowHeight

注記

デリゲートの gridView:heightForRowAtPath: メソッドが実装される場合、このプロパティを使用しません。

定義:

IGGridView.h

rowReordering

行の並べ替えインジケーターをグリッド ビューに表示するかどうかを決定するブール値。

@property (nonatomic, assign) BOOL rowReordering

注記

インジケーターをビューにアニメーションを再生するには、setRowReordering:animated: メソッドを使用します。

このプロパティを YES に設定するために、dataSource が以下のメソッドを実装する必要があります。

canReorderRows:gridView; - YES を返す必要があります。
gridView:canMoveRowAtPath: - NO を返す場合、その行のインジケーターは表示されません。
gridView:moveRowAtPath:toPath:

定義:

IGGridView.h

rowReorderingColumnWidth

行の並べ替えインジケーターを表示するために使用される列の幅を決定する浮動小数点値。

@property (nonatomic, assign) CGFloat rowReorderingColumnWidth

定義:

IGGridView.h

rowSeparatorColor

行セパレーターの UIColor を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIColor *rowSeparatorColor

注記

デフォルト値はグレーです。デリゲートの gridView:viewForRowSeparatorAtPath: メソッドが実装されない場合のみ、この値が使用されます。

定義:

IGGridView.h

rowSeparatorHeight

各行のセパレーターの高さを設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat rowSeparatorHeight

注記

行セパレーターを解除するには、高さを 0 に設定します。デフォルト値は 2 です。

定義:

IGGridView.h

rowSpacing

各行に追加するスペースを設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat rowSpacing

注記

行の間に追加スペースを適用するために、このプロパティを使用します。

定義:

IGGridView.h

sectionColumnBackgroundView

セクションのカスタム コンテンツを表示するための固定列の背景ビューを設定します。

@property (nonatomic, retain) UIView *sectionColumnBackgroundView

注記

デリゲートの gridView:viewForSectionColumn: が実装されている場合、この指定したビューは指定したコンテンツを表示する列の背景として使用されます。この背景ビューが、グリッド ビューのフレームおよび sectionColumnWidth によって決定される利用可能なビューポートにサイズ変更されます。

定義:

IGGridView.h

sectionColumnContentColor

セクション列のコンテンツ領域の色を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIColor *sectionColumnContentColor

注記

コンテンツ領域は、viewForSectionColumn: で指定したビューが表示される領域です。デフォルト値は clear; です。

定義:

IGGridView.h

sectionColumnWidth

カスタム セクション コンテンツの幅を設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat sectionColumnWidth

注記

デリゲートの gridView:viewForSectionColumn: が実装される場合、指定したビューのコンテンツを表示するために他の列が公開されます。このプロパティを使用すると、開発者が固定列の幅を制御できます。

定義:

IGGridView.h

sectionFooterHeight

グリッド ビューのすべてのセクションのフッターの高さを設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat sectionFooterHeight

注記

デリゲートの gridView:heightForFooterInSection: が実装されない場合のみ、この値が使用されます。

定義:

IGGridView.h

sectionHeaderHeight

グリッド ビューのすべてのセクションのヘッダーの高さを設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat sectionHeaderHeight

注記

デリゲートの gridView:heightForSectionHeader: が実装されない場合のみ、この値が使用されます。

定義:

IGGridView.h

selectionType

セクションが行とセルのどちらに対するものなのか、またはセクションがまったくないかを設定します。

@property (nonatomic, assign) IGGridViewSelectionType selectionType

注記

有効なオプションは以下の 3 つです。

IGGridViewSelectionTypeRow - 行のみを選択します。
IGGridViewSelectionTypeCell - セルのみを選択します。
IGGridViewSelectionTypeNone - 選択できません。

定義:

IGGridView.h

shortcutBarColor

ショートカット バーの UIColor を設定します

@property (nonatomic, retain) UIColor *shortcutBarColor

注記

デフォルト値は白です。これはショートカット バーの色です。ショートカット バーに配置される列の背景色ではありません。

定義:

IGGridView.h

shortcutBarColumnBackgroundView

ショートカット バーを表示するために使用される固定列の背景ビューを設定します。

@property (nonatomic, retain) UIView *shortcutBarColumnBackgroundView

注記

この背景ビューが、グリッド ビューのフレームおよび shortcutBarColumnWidth によって決定される利用可能なビューポートにサイズ変更されます。

定義:

IGGridView.h

shortcutBarColumnWidth

ショートカット バーの列の幅を設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat shortcutBarColumnWidth

注記

ショートカット バーが表示される場合、このプロパティは、ショートカット バーを表示するために必要なスペースを決定するために使用されます。

定義:

IGGridView.h

shortcutBarPressedColor

押下時のショートカット バーの UIColor を設定します。

@property (nonatomic, retain) UIColor *shortcutBarPressedColor

注記

デフォルト値はライト グレーです。これはショートカット バーの色です。ショートカット バーに配置される列の背景色ではありません。

定義:

IGGridView.h

slideRowLeftWidth

行をスワイプして表示するビューの幅を取得または設定し、swipRowAction プロパティを IGGridViewSwipeRowActionSlideRowLeft、 IGGridViewSwipeRowActionSlideRowBoth、 IGGridViewSwipeRowActionManualSlideLeft または IGGridViewSwipeRowActionManualSlideBoth に設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat slideRowLeftWidth

定義:

IGGridView.h

slideRowRightWidth

行をスワイプして表示するビューの幅を取得または設定し、swipRowAction プロパティを IGGridViewSwipeRowActionSlideRowRight、IGGridViewSwipeRowActionSlideRowBoth、IGGridViewSwipeRowActionManualSlideRight または IGGridViewSwipeRowActionManualSlideBoth に設定します。

@property (nonatomic, assign) CGFloat slideRowRightWidth

定義:

IGGridView.h

strings

IGGridView の特定要素のデフォルトのテキスト値を制御する IGGridViewStringsDefinition を設定します。

@property (nonatomic, assign) id<> strings

注記

このプロパティを設定する際に、すべての要素が必ず更新されるよう後でグリッドの updateData メソッドを呼び出す必要があります。

定義:

IGGridView.h

style

レシーバーのスタイルを返します。(読み取り専用)

@property (nonatomic, readonly) IGGridViewStyle style

注記

可能なオプションは以下の 2 つです。

IGGridViewStyleDefault - 標準セル行レイアウトのために使用されます。
IGGridViewStyleSingleCellPaging - 単一のセルがグリッド ビューのビューポートにサイズ変更されます。 

定義:

IGGridView.h

swipeRowAction

行をスワイプしたときに発生するアクションを取得または設定します。

@property (nonatomic, assign) IGGridViewSwipeRowAction swipeRowAction

注記

デフォルト値は IGGridViewSwipeRowActionNone です。注: グリッド ビューが水平スクロールを許可する場合、結果がありません。

定義:

IGGridView.h

theme

IGGridView の特定の要素のスタイル設定を制御する IGGridViewThemeDefinition を設定します。

@property (nonatomic, assign) id<> theme

注記

このプロパティを設定する際に、すべてのスタイル可能な領域が必ず更新されるよう後でグリッドの updateData メソッドを呼び出す必要があります。

定義:

IGGridView.h

transitionDuration

行およびセルが移動、挿入、削除されるのに要する時間を秒単位で表す値

@property (nonatomic, assign) CGFloat transitionDuration

注記

デフォルト値は .75 秒です。

定義:

IGGridView.h

インスタンス メソッド

cellAtPath:

指定したパスの IGGridViewCellBase を返します。

- (id)cellAtPath:(IGCellPath *)path

パラメーター

パス

返されるセルの IGCellPath です。

戻り値

指定したパスがビューに表示されない場合、nil が返されます。

定義:

IGGridView.h

deleteCellsAtPaths:withAnimation:

IGCellPath オブジェクトの配列によって識別される位置にあるレシーバーにセルを削除します。削除のアニメーションを再生するオプションがあります。

- (void)deleteCellsAtPaths:(NSArray *)paths withAnimation:(IGGridViewAnimation)animation

パラメーター

paths

グリッド ビューのセルを表す IGCellPath オブジェクトの配列。

animation

実効するアニメーションの種類を指定する定数。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

deleteColumnsAtIndexes:

NSNumber オブジェクトの配列で識別される場所にあるレシーバー内の列を削除します。

- (void)deleteColumnsAtIndexes:(NSArray *)indexes

パラメーター

indexes

グリッド ビューの列のインデックスを表す NSNumber オブジェクトの配列。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

deleteFixedLeftColumnsAtIndexes:

NSNumber オブジェクトの配列で識別される場所にあるレシーバーの左側から固定列を削除します。

- (void)deleteFixedLeftColumnsAtIndexes:(NSArray *)indexes

パラメーター

indexes

グリッド ビューの列のインデックスを表す NSNumber オブジェクトの配列。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

deleteFixedRightColumnsAtIndexes:

NSNumber オブジェクトの配列で識別される場所にあるレシーバーの右側から固定列を削除します。

- (void)deleteFixedRightColumnsAtIndexes:(NSArray *)indexes

パラメーター

indexes

グリッド ビューの列のインデックスを表す NSNumber オブジェクトの配列。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

deleteRowsAtPaths:withAnimation:

IGRowPath オブジェクトの配列によって識別される位置にあるレシーバーに行を削除します。削除のアニメーションを再生するオプションがあります。

- (void)deleteRowsAtPaths:(NSArray *)paths withAnimation:(IGGridViewAnimation)animation

パラメーター

paths

グリッド ビューの行を表す IGRowPath オブジェクトの配列。

animation

実効するアニメーションの種類を指定する定数。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

dequeueReusableCellWithIdentifier:

この識別子によって場所が示される、再利用可能なグリッド ビュー セル オブジェクトを返します

- (id)dequeueReusableCellWithIdentifier:(NSString *)identifier

パラメーター

identifier

再利用するセル オブジェクトを識別する文字列。デフォルトでは、再利用可能なセルの識別子はそのクラス名ですが、値を変更できます。

戻り値

関連付けられた識別子を持つ IGGridViewCellBase オブジェクト。再利用可能なセルのキューに存在しない場合は nil。

注記

パフォーマンスのため、グリッド ビューのデータ ソースが gridView:cellAt: メソッドでセルを行に割り当てるときに IGGridViewCellBase オブジェクトを再利用することを推薦します。グリッド ビューは、グリッド ビューの delegate が再利用のためにマークされた IGGridViewCellBase オブジェクトのリストまたはキューを処理します。セルを再利用するためにマークするには、作成時に IGGridViewCellBase の initWithReuseIdentifier: メソッドに再利用識別子を割り当てます。データ ソースは、このメソッドを呼び出すことにより、このキュー内の特定のテンプレート セル オブジェクトにアクセスできます。IGGridViewCellBase によって定義される reuseIdentifier プロパティによってセルの再利用識別子にアクセスできます。

定義:

IGGridView.h

deselectAll

すべての選択をクリアします

- (void)deselectAll

定義:

IGGridView.h

deselectCellAtPath:animated:

指定したパスにあるセルを選択解除します。

- (void)deselectCellAtPath:(IGCellPath *)path animated:(BOOL)animated

パラメーター

path

選択解除されるセルの IGCellPath

animated

セルが選択解除状態にアニメーションを再生するか (YES)、すぐに状態に変更する (NO) かどうか。

注記

このメソッドを呼び出すと、delegate は gridView:willDeselectCellAtPath: または gridView:didDeselectCellAtPath: メッセージを受け取りません。

定義:

IGGridView.h

deselectRowAtPath:animated:

指定したパスにある行を選択解除します。

- (void)deselectRowAtPath:(IGRowPath *)path animated:(BOOL)animated

パラメーター

path

選択解除される行の IGRowPath

animated

行が選択解除状態にアニメーションを再生する (YES)、またはすぐに状態に変更する (NO) かどうか。

注記

このメソッドを呼び出すと、delegate は gridView:willDeselectRowAtPath: または gridView:didDeselectRowAtPath: メッセージを受け取りません。

定義:

IGGridView.h

finishedUpdating

グリッド ビューにアップデート状態を終了し、データを更新し、普通のビューに戻ることを通知します。

- (void)finishedUpdating

注記

このメソッドは、グリッド ビューのプルダウン行がアップデート状態にある場合に呼び出す必要があります。グリッド ビューが境界線より下へプル ダウンしてリリースしたときに発生します。このメソッドは自動的に updateData メソッドを呼び出します。

定義:

IGGridView.h

initWithFrame:style:

指定したフレームおよび style を持つグリッド ビュー オブジェクトを初期化して返します。

- (id)initWithFrame:(CGRect)frame style:(IGGridViewStyle)style

パラメーター

frame

スーパービューの属性でグリッド ビューの最初の位置およびサイズを指定する矩形。

style

グリッド ビューの style を指定する定数。

戻り値

初期化した IGGridView オブジェクトを返します。オブジェクトが正しく初期化されなかった場合は nil。

注記

作成したときに、グリッド ビューの style を指定する必要があります。その後、style を変更できません。他のメソッドでグリッド ビューを初期化する場合、IGGridViewStyleDefault が使用されます。

定義:

IGGridView.h

insertCellsAtPaths:withAnimation:

IGCellPath オブジェクトの配列によって識別される位置にあるレシーバーにセルを挿入します。挿入のアニメーションを再生するオプションがあります。

- (void)insertCellsAtPaths:(NSArray *)paths withAnimation:(IGGridViewAnimation)animation

パラメーター

paths

グリッド ビューのセルを表す IGCellPath オブジェクトの配列。

animation

実効するアニメーションの種類を指定する定数。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

insertColumnsAtIndexes:

NSNumbers の配列で識別される場所にあるレシーバーに列を挿入します。

- (void)insertColumnsAtIndexes:(NSArray *)indexes

パラメーター

indexes

グリッド ビューの列のインデックスを表す NSNumber オブジェクトの配列。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

insertFixedLeftColumnsAtIndexes:

NSNumbers の配列で識別される場所にあるレシーバーの左側に固定列を挿入します。

- (void)insertFixedLeftColumnsAtIndexes:(NSArray *)indexes

パラメーター

indexes

グリッド ビューの列のインデックスを表す NSNumber オブジェクトの配列。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

insertFixedRightColumnsAtIndexes:

NSNumbers の配列で識別される場所にあるレシーバーの右側に固定列を挿入します。

- (void)insertFixedRightColumnsAtIndexes:(NSArray *)indexes

パラメーター

indexes

グリッド ビューの列のインデックスを表す NSNumber オブジェクトの配列。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

insertRowsAtPaths:withAnimation:

IGRowPath オブジェクトの配列によって識別される位置にあるレシーバーに行を挿入します。挿入のアニメーションを再生するオプションがあります。

- (void)insertRowsAtPaths:(NSArray *)paths withAnimation:(IGGridViewAnimation)animation

パラメーター

paths

グリッド ビューの行を表す IGRowPath オブジェクトの配列。

animation

実効するアニメーションの種類を指定する定数。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

moveCellAtPath:toPath:

レシーバー内の指定されたセルを、新しいパスで識別される場所に移動します。

- (void)moveCellAtPath:(IGCellPath *)path toPath:(IGCellPath *)newPath

パラメーター

path

移動されるセルを表す IGCellPath

newPath

セルの新しい位置を表す IGCellPath

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

moveColumnAtIndex:toIndex:

レシーバー内の指定された列を、新しいインデックスで識別される場所に移動します。

- (void)moveColumnAtIndex:(int)index toIndex:(int)newIndex

パラメーター

index

移動される列を表すインデックス。

newIndex

列の新しい位置を表すインデックス。

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

moveRowAtPath:toPath:

レシーバー内の指定された行を、新しいパスで識別される場所に移動します。

- (void)moveRowAtPath:(IGRowPath *)path toPath:(IGRowPath *)newPath

パラメーター

path

移動される行を表す IGRowPath

newPath

行の新しい位置を表す IGRowPath

注記

このメソッドが呼び出されたときに、UpdateData は自動的に発生されます。このメソッドが呼び出される前または呼び出された後は呼び出しません。

定義:

IGGridView.h

pathForCell:

指定したセルの IGCellPath を返します。

- (IGCellPath *)pathForCell:(IGGridViewCellBase *)cell

パラメーター

cell

IGGridViewCellBase オブジェクト。

定義:

IGGridView.h

pathForCellAtPoint:

グリッド ビューの指定したポイントにある IGCellPath を返します。

- (IGCellPath *)pathForCellAtPoint:(CGPoint)point

パラメーター

point

グリッド ビューのコンテンツ領域内の有効な CGPoint。

戻り値

IGCellPath、またはポイントがセルに相対しない場合は nil。

定義:

IGGridView.h

pathForRowAtPoint:

グリッド ビューの指定したポイントにある IGRowPath を返します。

- (IGRowPath *)pathForRowAtPoint:(CGPoint)point

パラメーター

point

グリッド ビューのコンテンツ領域内の有効な CGPoint。

戻り値

IGRowPath、またはポイントが行に相対しない場合は nil。

定義:

IGGridView.h

pathForSelectedCell

選択されているセルの IGCellPath または nil。

- (IGCellPath *)pathForSelectedCell

注記

セルが選択されていない場合、nil が返されます。複数のセルが選択されている場合、グリッド ビューの上位の選択されたセルが返されます。

定義:

IGGridView.h

pathForSelectedRow

選択されている行の IGRowPath または nil。

- (IGRowPath *)pathForSelectedRow

注記

行が選択されていない場合、nil が返されます。複数の行が選択されている場合、グリッド ビューの上位の選択された行が返されます。

定義:

IGGridView.h

pathsForCellsInRect:

それぞれが指定された四角形によって囲まれるセルを表す、セルパスの配列。

- (NSArray *)pathsForCellsInRect:(CGRect)frame

パラメーター

frame

グリッド ビューの領域をローカル座標で定義する矩形。

戻り値

フレームの境界線内 IGCellPath オブジェクトの配列。フレームでセルがない場合は配列は空になります。

定義:

IGGridView.h

pathsForSelectedCells

選択されている IGCellPath オブジェクトの配列。

- (NSArray *)pathsForSelectedCells

注記

セルが選択されていない場合、空の配列が返されます。

定義:

IGGridView.h

pathsForSelectedRows

選択されている IGRowPath オブジェクトの配列。

- (NSArray *)pathsForSelectedRows

注記

行が選択されていない場合、空の配列が返されます。

定義:

IGGridView.h

pathsForVisibleRows

グリッド ビューの表示可能なビューポート内にある IGRowPath オブジェクトを返します。

- (NSArray *)pathsForVisibleRows

定義:

IGGridView.h

registerClass:forCellReuseIdentifier:

新しいグリッド セルを作成する際に使用するクラスを登録します。

- (void)registerClass:(Class)cellClass forCellReuseIdentifier:(NSString *)identifier

パラメーター

cellClass

グリッドで使用するセルのクラス。

identifier

セルの再利用識別子。このパラメーターを nil または空の文字列に設定できません。

注記

セルをキューから削除する前に、グリッド ビューに新しいセルの作成する方法を通知するためにこのメソッドを呼び出します。指定したタイプのセルが再利用キューにない場合、グリッド ビューが提供された情報を使用して新しいセル オブジェクトを自動的に作成します。

以前同じ再使用識別子を持つクラス ファイルを登録した場合、cellClass パラメーターに指定したクラスは以前のエントリを上書きします。指定した再利用識別子からクラスの登録を解除するには、cellClass を nil に設定します。

定義:

IGGridView.h

registerKeyboardForCell:

キーボードをリッスンしてキーボードの上の指定したセルを保持する必要があることをグリッドに通知します。

- (void)registerKeyboardForCell:(IGGridViewCell *)cell

パラメーター

cell

キーボードの上で自動スクロールするセル。特定のセルをビューに保持したくない場合、nil を渡すことができます。

注記

グリッドの contentInset を更新します。それにより、グリッド行がキーボードより下になることはありません。エディターが使用されなくった場合、unregisterKeyboard: を呼び出す必要があります。

定義:

IGGridView.h

reloadData

レシーバーの行とセクションを再読み込みします。

- (void)reloadData

注記

このメソッドを呼び出すと、データ ソースおよび delegate のグリッド ビューのコンテンツ領域を作成するすべてのメソッドを呼び出します。選択およびスクロール位置を含んですべての状態が失います。状態を失わずにデータを再度読み込むには、updateData メソッドを使用します。

定義:

IGGridView.h

scrollToCellAtCellPath:atScrollPosition:animated:

グリッド ビューの表示可能領域の指定した位置にセルをスクロールします。

- (void)scrollToCellAtCellPath:(IGCellPath *)path atScrollPosition:(IGGridViewScrollPosition)position animated:(BOOL)animate

パラメーター

path

ビューにスクロールされるセルの IGCellPath

position

セルをグリッド ビューにスクロールする位置。

animate

セルが位置に移動するアニメーションを再生 (YES)、または位置にすぐに表示する (NO) かどうか。

注記

行をビューにスクロールするには、以下の位置を使用できます。

IGGridViewScrollPositionNone, IGGridViewScrollPositionNoneLeft, IGGridViewScrollPositionNoneRight, IGGridViewScrollPositionNoneMiddle, IGGridViewScrollPositionTopLeft, IGGridViewScrollPositionTopMiddle, IGGridViewScrollPositionTopRight, IGGridViewScrollPositionTopNone, IGGridViewScrollPositionMiddleLeft, IGGridViewScrollPositionMiddle, IGGridViewScrollPositionMiddleRight, IGGridViewScrollPositionMiddleNone, IGGridViewScrollPositionBottomLeft, IGGridViewScrollPositionBottomMiddle, IGGridViewScrollPositionBottomRight, IGGridViewScrollPositionBottomNone

IGGridViewScrollPositionNone: グリッド ビューは、関心のあるセルを、最小の移動で完全に表示されるようにスクロールします。セルが完全に表示される場合、スクロールは発生しません。

定義:

IGGridView.h

selectCellAtPath:animated:scrollPosition:

指定したパスのセルを選択し、オプションでそのセルが表示されるようにスクロールします。

- (void)selectCellAtPath:(IGCellPath *)path animated:(BOOL)animated scrollPosition:(IGGridViewScrollPosition)scrollPosition

パラメーター

path

選択されるセルの IGCellPath

animated

セルが選択状態および位置に移動するアニメーションを再生 (YES)、またはすぐに状態および位置を変更する (NO) かどうか。

scrollPosition

グリッド ビューで選択したセルがスクロールされる位置。

注記

このメソッドを呼び出すと、delegate は gridView:willSelectCellAtPath: または gridView:didSelectCellAtPath: メッセージを受け取りません。

セルをビューにスクロールするには、以下の位置を使用できます。

    IGGridViewScrollPositionNone,
    IGGridViewScrollPositionNoneLeft,
    IGGridViewScrollPositionNoneRight,
    IGGridViewScrollPositionNoneMiddle,
    IGGridViewScrollPositionTopLeft,
    IGGridViewScrollPositionTopMiddle,
    IGGridViewScrollPositionTopRight,
    IGGridViewScrollPositionTopNone,
    IGGridViewScrollPositionMiddleLeft,
    IGGridViewScrollPositionMiddle,
    IGGridViewScrollPositionMiddleRight,
    IGGridViewScrollPositionMiddleNone,
    IGGridViewScrollPositionBottomLeft, 
    IGGridViewScrollPositionBottomMiddle,
    IGGridViewScrollPositionBottomRight,
    IGGridViewScrollPositionBottomNone

IGGridViewScrollPositionNone を渡すと、その定数のスクロール操作の最小量の代わりにスクロールがありません。スクロール操作の最小量を使用して新しく選択されたセルにスクロールするには、IGGridViewScrollPositionNone を使用してこのメソッドを呼び出してセルを選択し、IGGridViewScrollPositionNode を使用して scrollToCellAtCellPath:atScrollPosition:animated: を呼び出します。

定義:

IGGridView.h

selectRowAtPath:animated:scrollPosition:

指定したパスの行を選択し、オプションでその行が表示されるようにスクロールします。

- (void)selectRowAtPath:(IGRowPath *)path animated:(BOOL)animated scrollPosition:(IGGridViewScrollPosition)scrollPosition

パラメーター

path

選択される行の IGRowPath

animated

行が選択状態および位置に移動するアニメーションを再生するか (YES)、すぐに状態および位置を変更する (NO) かどうか。

scrollPosition

グリッド ビューで選択した行がスクロールされる位置。

注記

このメソッドを呼び出すと、delegate は gridView:willSelectRowAtPath: または gridView:didSelectRowAtPath: メッセージを受け取りません。

行をビューにスクロールするには、以下の位置を使用できます。

    IGGridViewScrollPositionNone,
    IGGridViewScrollPositionNoneLeft,
    IGGridViewScrollPositionNoneRight,
    IGGridViewScrollPositionNoneMiddle,
    IGGridViewScrollPositionTopLeft,
    IGGridViewScrollPositionTopMiddle,
    IGGridViewScrollPositionTopRight,
    IGGridViewScrollPositionTopNone,
    IGGridViewScrollPositionMiddleLeft,
    IGGridViewScrollPositionMiddle,
    IGGridViewScrollPositionMiddleRight,
    IGGridViewScrollPositionMiddleNone,
    IGGridViewScrollPositionBottomLeft, 
    IGGridViewScrollPositionBottomMiddle,
    IGGridViewScrollPositionBottomRight,
    IGGridViewScrollPositionBottomNone

IGGridViewScrollPositionNone を渡すと、その定数のスクロール操作の最小量の代わりにスクロールがありません。スクロール操作の最小量を使用して新しく選択された行にスクロールするには、IGGridViewScrollPositionNone を使用してこのメソッドを呼び出して行を選択し、IGGridViewScrollPositionNode を使用して scrollToCellAtCellPath:atScrollPosition:animated: を呼び出します。

定義:

IGGridView.h

setRowReordering:animated:

行の並べ替えインジケーターをグリッド ビューに表示するかどうかを決定するブール値。

- (void)setRowReordering:(BOOL)rowReordering animated:(BOOL)animated

パラメーター

rowReordering

行の並べ替えインジケーターを表示する場合は Yes.

animated

行の再並べ替えインジケーターは、ビュー内またはビュー外でアニメーションを再生します。

注記

このプロパティを YES に設定するために、dataSource が以下のメソッドを実装する必要があります。canReorderRows:gridView; – YES を返す必要があります。gridView:canMoveRowAtPath: – NO を返すと、その行にインジケーターが表示されません。gridView:moveRowAtPath:toPath:

定義:

IGGridView.h

unregisterKeyboard:

キーボード変更のイベントをリッスンする必要がないことをグリッドに通知します。

- (void)unregisterKeyboard:(BOOL)reset

パラメーター

reset

グリッドが contentInset をリセットするかどうか。他のエディターを表示したくない場合、インセットをリセットしないでください。ただし、リセットしない場合、新規インセットを調整するグリッドの contentOffset のアニメーション動作がしなくなります。

定義:

IGGridView.h

updateData

レシーバーの行とセクションを再読み込みします。

- (void)updateData

注記

このメソッドを呼び出すと、データ ソースおよび delegate のグリッド ビューのコンテンツ領域を作成するすべてのメソッドを呼び出します。選択およびスクロール位置を含む、すべての状態が保存されます。データが削除、挿入、順序変更された場合、代わりに以下のメソッドを使用します。

    moveCellAtPath:toPath:
    insertCellsAtPaths:withAnimation:animation 
    deleteCellsAtPaths:withAnimation:animation
    moveRowAtPath:toPath:
    insertRowsAtPaths:withAnimation:animation 
    deleteRowssAtPaths:withAnimation:animation

定義:

IGGridView.h

visibleCells

グリッド ビューの表示可能なビューポート内にある IGGridViewCell オブジェクトを返します。

- (NSArray *)visibleCells

定義:

IGGridView.h