派生元: NSObject
適合: NSCoding
定義: IGGridViewColumnDefinition.h

概要

IGGridViewColumnDefinition は、基本データ オブジェクトのプロパティを識別するために IGGridViewDataSourceHelper クラス によって使用されるオブジェクトです。

たとえば、MyClass タイプのオブジェクトの配列があります。MyClass のプロパティは firstName、lastName、および age です。firstName プロパティの以下の列定義を作成できます:

colDef = [[IGGridViewColumnDefinition alloc] initWithKey:@"firstName"];

colDef.headerText = "@First Name";

gridView:createCell:usingDataSource: メソッドをオーバーライドする列定義の派生バージョンを作成できます。列で表示するカスタム セルを指定できます。たとえば、IGGridViewImageColumnDefinitionIGGridViewImageCell を使用する列を作成します。

注: カスタム列定義を作成する場合、グリッド ビューの dequeueReusableCellWithIdentifier: メソッドを使用してください。

タスク

列定義の構成

  • – initWithKey:

    指定したプロパティ名の IGGridViewColumnDefinition を作成します。

  •   fieldKey

    この列定義が表すプロパティ名 (読み取り専用)。

    プロパティ
  •   headerText

    この列の IGGridView のヘッダーに表示される値。

    プロパティ
  •   textColor

    テキスト フィールドのフォント色。

    プロパティ
  •   textFont

    テキスト フィールドのフォント。

    プロパティ
  •   textAlignment

    テキスト フィールドの配列。

    プロパティ
  •   backgroundColor

    列の各セルの背景色。

    プロパティ
  •   width

    列の幅。デフォルト値は nil です。

    プロパティ

編集

保護されたメンバー

プロパティ

backgroundColor

列の各セルの背景色。

@property (nonatomic, retain) UIColor *backgroundColor

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

editable

@property (nonatomic, assign) BOOL editiable

fieldKey

この列定義が表すプロパティ名 (読み取り専用)。

@property (nonatomic, retain, readonly) NSString *fieldKey

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

headerText

この列の IGGridView のヘッダーに表示される値。

@property (nonatomic, retain) NSString *headerText

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

textAlignment

テキスト フィールドの配列。

@property (nonatomic, assign) UITextAlignment textAlignment

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

textColor

テキスト フィールドのフォント色。

@property (nonatomic, retain) UIColor *textColor

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

textFont

テキスト フィールドのフォント。

@property (nonatomic, retain) UIFont *textFont

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

width

列の幅。デフォルト値は nil です。

@property (nonatomic, retain) IGColumnWidth *width

注記

注: デリゲートで列の幅を指定する場合、デリゲート定義が優先されます。

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

インスタンス メソッド

applyStylingToCell:AtRow:inGrid:

セルに適切なスタイルが適用されるのを確認するため、派生クラスにより呼び出します。

- (void)applyStylingToCell:(IGGridViewCell *)cell AtRow:(int)rowIndex inGrid:(IGGridView *)gridView

パラメーター

cell

更新するセル。

gridView

セルが属する gridView オブジェクト。

rowIndex

更新されているセルの列のインデックス。

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

gridView:createCell:usingDataSource:

グリッド ビューの特定の位置に配置するセルを列定義に要求します。

- (IGGridViewCell *)gridView:(IGGridView *)gridView createCell:(IGCellPath *)path usingDataSource:(IGGridViewDataSourceHelper *)dataSource

パラメーター

gridView

セルを要求するグリッド ビュー。

path

必要なセルのパス。

dataSource

このメソッドを呼び出した IGGridViewDataSourceHelper

戻り値

指定した位置にグリッド ビューが使用可能な IGGridViewCell から継承するオブジェクト。

注記

返される IGGridViewCell オブジェクトは、パフォーマンス向上を目的にアプリケーションで再利用されます。グリッド ビューに dequeueResuableCellWithIdentifier: メッセージを送信すると、再利用を目的にマークされる以前作成されたセル オブジェクトを取得できます。IGGridViewCell の initWithStyle:reuseIdentifier: メソッドによって、再利用可能なセル オブジェクトの識別子を設定できます。

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

gridView:displayEditorForCell:usingDataSource:

列定義にセル エディターの表示を要求します。

- (void)gridView:(IGGridView *)gridView displayEditorForCell:(IGCellPath *)path usingDataSource:(IGGridViewDataSourceHelper *)dataSource

パラメーター

gridView

編集モードにするセルを要求するグリッド ビュー。

path

編集モードにするセルのパス。

dataSource

このメソッドを呼び出した IGGridViewDataSourceHelper

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

gridView:removeEditorForCell:usingDataSource:isCellStillVisible:isAnotherCellEnteringEditMode:

列定義にエディターの削除を要求します。

- (void)gridView:(IGGridView *)gridView removeEditorForCell:(IGCellPath *)path usingDataSource:(IGGridViewDataSourceHelper *)dataSource isCellStillVisible:(BOOL)cellVisible isAnotherCellEnteringEditMode:(BOOL)anotherCellEnteringEditMode

パラメーター

gridView

エディターの削除を要求するグリッド ビュー。

path

編集モードにあるセルのパス。

dataSource

このメソッドを呼び出した IGGridViewDataSourceHelper

cellVisible

編集モードにあったセルがまだグリッドのビューポートにあるかどうかをメソッドに通知します。

anotherCellEnteringEditMode

他のセルが編集モードになったため、このセルが編集モードを終了しているかどうかをメソッドに通知します。

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

initWithKey:

指定したプロパティ名の IGGridViewColumnDefinition を作成します。

- (id)initWithKey:(NSString *)key

パラメーター

key

基になるデータ オブジェクトで実際のプロパティにマップする文字列。

戻り値

初期化した IGGridViewColumnDefinition オブジェクトを返します。オブジェクトが正しく初期化されなかった場合は nil。

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

resolveValueForObject:inDataSource:

オブジェクトを渡すと、この列が表す基になるプロパティの文字列値を返します。

- (NSString *)resolveValueForObject:(id)obj inDataSource:(IGGridViewDataSourceHelper *)dsh

パラメーター

obj

セルにマップされた基になるデータ オブジェクト。

dsh

この列が属している IGGridViewDataSourceHelper

戻り値

この列が表す値の文字列形式。

注記

派生列がプロパティを表さない場合、これをオーバーライドすると正しい値を解決できます。

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h

setText:onCell:forDataSource:

セルのテキスト ラベルを提供したテキストに設定します。

- (void)setText:(NSString *)text onCell:(IGGridViewCell *)cell forDataSource:(IGGridViewDataSourceHelper *)dataSource

パラメーター

text

セルに設定するテキスト。

cell

更新するセル。

dataSource

使用されるデータ ソース。

注記

このメソッドはセルを正しく更新します。フィルターが適用されるか、セルのテキストにフォント色などの特定の文字列属性がある場合に正しく更新します。

定義:

IGGridViewColumnDefinition.h